水虫の踵

水虫は白癬菌という真菌が引き起こす病気、抗真菌薬を使用しないと自然治癒することはありません。病院で処方されることが多いのがラミシールですが、水虫に対して効果を発揮するだけでなく副作用も存在することは知っておきましょう。それでは一体ラミシールはどのように作用し、どんな副作用をもたらすのでしょう。知識があれば大丈夫、医薬品には怖さもあることは知っておいて損はありません。だからこそ病院で処方されているのです。

1日1回のラミシールで水虫改善

ラミシールはテルビナフィン塩酸塩を有効成分とする医薬品です。アリルアミン系に属する抗真菌薬で、強い抗真菌効果と幅広いスペクトルを特徴としますから、水虫だけでなくカンジダ症などでも処方されることでしょう。テルビナフィンが真菌細胞内のスクアレンの代謝酵素を選択的に阻害し、細胞膜の構成成分であるエルゴステロール含量を低下させることで細胞膜を破壊し、増殖を止め殺菌的に作用するのです。

ラミシールにはクリームや錠剤などタイプがあります。何しろ白癬菌は感染箇所によってまったく異なる症状を生じさせます。足の指の間などの症状であればクリームタイプでよいでしょうが、爪白癬になると硬くて分厚い爪の表面に外用薬を塗るだけでは中まで浸透させるのは難しいもの、そういった場合に錠剤が処方されるのです。その他にも液体やスプレーだとクリームよりも浸透性が高く、ただその分刺激が強くあったりと剤形により異なるので、医師と相談しながら患部の治療に丁度良い医薬品をえらぶようにしましょう。

使い方は簡単、1日1回使用するだけです。とにかく早く治したいからといって1日1回以上使ったとしても副作用が強く出るだけ、毎日コツコツと根気良くというのが水虫治療でとにかく大事なポイントとなります。何しろ治療期間は、塗り薬でも数ヶ月程度・錠剤タイプが必要となる爪白癬ともなると半年から1年と長期に渡ります。ですが、その長い治療期間の果てには完治というゴールが待っています。その昔は治らない病気と言われた爪白癬だってラミシール錠の効果で改善が可能となっています。少しでも早く治したかったらとにかく早期発見早期治療、初期段階のまだ白癬菌がそれほど広がっていない頃を見逃さずにすぐ治療を行なうことです。

恥ずかしい病気とされる水虫ですが、だからといって放置しておくと菌が広がって症状は悪化して行く一方です。病院以外にもドラッグストア・薬局・個人輸入代行業者など様々な方法でラミシールを手に入れることは出来ますから、何らかのアクションをするようにしましょう。適切な治療を行えば、グジュグジュになったり爪がボロボロになってしまっていた患部ももう一度元通りのきれいな姿が蘇えります。

ラミシールは副作用が存在する

アリルアミン系の薬・ラミシール、真菌細胞内への移行性に優れており低濃度でも強い抗真菌活性を示してくれます。ですので、1日にたった一回使用するだけで充分なラミシールの水虫改善効果が発揮されるのです。ただ、体への強い影響力は時として副作用という形で現れることもあります。飲み併せや食べ合わせの問題もありますし、妊娠中であったり持病があったりとなると弱っている部分に負荷がかかりすぎる危険もあるでしょう。問診票にはきちんと記入して医師の判断を仰ぎましょう。万が一何らかの作用があれば、すぐに使用を止めて医師や薬剤師に相談することです。

クリームタイプは比較的副作用が少ないとされ、だからこそドラッグストアなどでも手軽に手に入るのです。でも決して無いとは言い切れず、刺激感や発疹など皮膚に異常を感じることもあるでしょう。軽い刺激程度であれば問題ないのですが、激しければ医師に連絡してください。

特に危険なのが錠剤、こちら肝臓が悪くなることがあり予防の為にも定期的な肝機能検査や血液検査を受けるよう言われるはずです。ドラッグストアなどには置かれておらず、基本は医師と二人三脚で進めて行く治療法となります。重症化することは稀ですが、重篤な事態が起こらないとも限らないのです。もしもだるさやかゆみ・吐き気・食欲不振・発疹などがあれば、肝臓の重い症状の初期段階かもしれません。発熱や咽喉の痛み・口内炎は重い血液成分の異常の可能性もあります。ショックやアナフィラキシーを生じることだってあります。ですので、定期的な検査は必須と受け止め、それ以外でも危険なことがあれば即病院です。

肝臓が元々悪い方や血圧の薬を普段から服用している方は処方されないことも、ただ通常は錠剤タイプのところを塗り薬でとなると更に治療期間が長引いてしまうのです。水虫にならないために予防に努めることも重要ですが、それと共に万が一の時にラミシール錠が服用できる体にもしておきましょう。足水虫を放置していると爪まで移行していって爪白癬に、そうなると錠剤での治療が必要となります。やはり早期発見早期治療もまた副作用を少しでも少なく、治療期間を短くするためのやり方ともなるというわけなのです。